さいたま商工会議所の会報誌「さいBiz」に、弊社「むじんLOCK」を掲載いただきました。

さいたま商工会議所の会報誌「さいBiz」2021年11月号に、弊社「むじんLOCK」を掲載いただきました。
弊社は、2012年からコワーキングスペース・シェアオフィス・貸会議室といったシェアリング型のワークスペースを運営しており、新型コロナウイルス感染症による非接触の需要や、昨今の生産性効率向上の観点からの無人化・省人化の流れを受けて、約10年にわたる自社の施設運営経験を活かして、「むじんLOCK」を開発いたしました。そのストーリーを取材いただき、掲載いただきました。
最近では、コワーキングスペース・シェアオフィス・貸会議室といったシェアリング型のワークスペースだけでなく、フィットネスクラブ、レンタル教室、シュミレーションゴルフといった分野でも「むじんLOCK」をご導入いただいております。
さいたま商工会議所の会報誌「さいBiz」2021年11月号の、弊社掲載部分のみ、公開いたしましたので、ぜひご一読ください。

「生まれ育った」地元で震災後に本社を移転し事業を展開
 平成18年に代表取締役の星野邦敏氏が、自社制作の情報発信サイトの運営を中心としたlT事業を、当初
は個人事業主として始め、平成20年に会社を設立しました。オープンソースCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)の「WordPress」に関する事業から始め、次第に他社向けにもWEB制作やCMS構築、システム開発などの請負業務の事業を展開していきました。

 東日本大震災後、「生まれ育った地元でも事業を展開したい」と考え、コワーキングスペース事業も開始し、東京都内に構えていた本社を大宮区に移転。現在では、大宮駅東口徒歩1分の場所で「コワーキングスペース7F(ナナエフ)」、「シエアオフィス6F(ロクエフ)」、「貸会議室6F(ロクエフ)」の運営を行っています。

コロナ禍を機に事業を再構築
施設を転用してシエアキッチンも


 新型コロナウイルス感染症の影響により、会議や打ち合わせなどを開催する機会が減少し、貸会議室事業
の転換等を余儀なくされました。そこで貸会議室の一部を、音楽ライブ・オンラインセミナー・各種動画撮影など、幅広い用途で活用できる施設「Chiemo(チエモ)」へ転用。さらには飲食店営業・食料品販売業・菓子製造業の各業者が共同利用でき、イートイン・テイクアウト両方の飲食店舗の営業が行えるシェアキッチン「CLOCK KITCHEN(クロックキッチン)」を立ち上げました。

独自システムを開発・導入し感染症対策と稼働率向上を図る

 事業の再構築とあわせて、コロナ禍における従業員のテレワーク環境を整備しました。しかし、シェアオフィスや貸会議室、シェアキッチンといった事業はどれも、鍵の受け渡し、時間管理、利用料の徴収など、利用者との接触が必要となっていました。そこで、スマートロックを活用して、ドアの施錠・解錠、入退室履歴の管理、従呈制課金や定額制課金の請求・決済・入金までを自動で行う独自システム「むじんLOCK」を開発しました。スペース管理・収益化を無人で行える本システムの導入により、顧客と従業員の接触を最低限に抑えた事業活動が可能となり、感染症対策への効果が出ているほか、会議室の稼働率も戻りつつあります。
 また、商工会議所などの公的支援機関にも相談し、特許の出願など知的財産権も意識しました。自社直営施
設の運営ノウハウを活かしたシステムとして、他社へのシステム提供を開始し、大手企業を含め導入者数は
順調に増えています。

 感染症対策とあわせた生産性向上への取り組みは、今後も必要不可欠です。lTシールの開発・利活用を積極的に進めることで、人の手が介在する必要のない部分は接触を減らしながら、地域コミュ||ティの活性化を通じて人口減少社会に貢献していきます。