利用事例
S-MALLワークスペース(株式会社庄交コーポレーション様)

株式会社コミュニティコムが開発・運営するスマートロック連携課金決済システム「むじんLOCK」は無人でドア施錠・解錠、入退室履歴の管理、従量課金・月額課金などの自動請求までワンストップで行うシステムです。

むじんLOCKをご導入いただいた施設・企業様を訪問し、むじんLOCK導入前のご様子、むじんLOCKを導入してどのようにオペレーションが改善されたかなどをお伺いします。

株式会社庄交コーポレーション様が運営するワークスペース「S-MALL ワークスペース」には、スマートロック連携課金決済システム「むじんLOCK」が導入されています。

「S-MALL ワークスペース」は、山形県鶴岡駅から徒歩約3分の場所にあるショッピングモール「S-MALL(エスモール)」内に展開しています。同スペースとむじんLOCKのご利用状況について、株式会社庄交コーポレーションS-MALL事業部の佐藤幸太様とシステム企画部の伊藤克彦様にお話を伺いました。

山形県鶴岡市のショッピングモールに展開「S-MALL ワークスペース」

株式会社庄交コーポレーションは、路線バスや高速バスなどの旅客自動車運送事業を行う庄内交通を中心に、ホテルや商業施設、観光物産館の運営や庄内空港におけるANAのカウンター業務、トラベル事業、不動産事業など、さまざまな事業を展開しています。

「S-MALL ワークスペース」は、同社初のワークスペース事業として2021年7月にオープンしました。

むじんLOCKで解決したこと

もくじ

S-MALLワークスペース むじんLOCKご利用機能

  • ドア施錠・解錠
  • 入退室履歴の管理
  • 予約管理
  • 従量制課金
    • 予約実績に基づいた自動請求・入金
  • 月額制課金
    • 月額利用に基づいた自動請求・入金

初の試みであるワークスペース事業「S-MALL ワークスペース」

約15坪の空間の「S-MALL ワークスペース」は白と青を基調としたスタイリッシュな雰囲気のワークスペース。仕切りで区切られた個別席のほか、カフェのようなテーブル席、オンライン会議などの通話も可能なリモート専用ブースなど、全15席用意しています。

バスターミナルや同社が運営するホテル「東京第一ホテル鶴岡」直結で、ショッピングモールを利用する地元の方から出張等のビジネス利用まで幅広い人々にとっての「”一人で集中”のための部屋」コンセプトに2021年7月にオープンしました。

「S-MALL ワークスペース」では、ドロップインと月額会員(学割あり)の2種類の利用プランを用意しています。施錠・開錠には、むじんLOCKを搭載したスマートロックを採用し、初回利用時のオンライン会員登録から当日の利用まで、すべて無人対応で利用できます。ワークスペースとしてはもちろんのこと、学生の自習スペースとして、さらには資格試験の勉強場所としてなど、さまざまな用途で利用されているそうです。

佐藤さん 
当社として初の試みとなったワークスペース事業ですが、S-MALL ワークスペースのオープンのきっかけは大きく2つあります。
一つ目はスペースの有効活用、もう一つは近年広がりを見せたワークスペースという不動産物件の利用に当社としても取り組もうという動きがあったことです。
こちらのスペースは、既存飲食店の店舗移動によって生まれた空間でした。館の中でも端に位置するということもあり、どういった形で利用しようか検討していたのですが、コロナ禍で都市部を中心にワークスペースという不動産利用が増えている事例をよく目にしていたので、地方という土地柄でありながらもいち早くそういった取り組みに踏み出したいという思いがありました。

S-MALL ワークスペースがある一角は「まなびの広場」として、同時期にクッキングスタジオもオープン。地元レストランのシェフを招いた料理教室の開催や、それををパッケージ化した地元向けのツアー企画など「地域の人々をターゲットにした企画」を事業部の垣根を超えて検討しているそうで、一つの区画にクッキングスタジオとワークスペースを展開することで、地域の新たな交流拠点を目指します。

佐藤さん 
これまではショッピングモールとして「モノを売ること」が大きな役割だったかと思いますが、今後はプラスαの取り組みが必要になってくると思います。S-MALLワークスペースやクッキングスタジオの運営はその一躍を担うスペースになると考えています。

むじんLOCKで学生からビジネスパーソンまで喜ばれるスペースに

駅周辺にある既存のフリースペースがよく使われていることや、S-MALL内にあるカフェがパソコン作業や自習をする人に多く利用されていたということもあり、ワークスペース自体の需要があることは見込んでいたという佐藤さん。佐藤さんご自身も東京をはじめとした都市部への出張が多く、コワーキングスペースを何度も利用してきたそうです。

しかし「無人管理のワークスペース」を利用したことがなく、懸念していた点もあったと振り返ります。

どこまで無人化できるのか

ワークスペースの運営自体はスマートロック等を利用して無人化することを想定していたものの、初回利用時の受付や会員登録は有人対応にせざるを得ないのではないか、とも考えていたという佐藤さん。

むじんLOCKでは、初回の会員登録もすべてオンラインで完結できます。月額会員利用とドロップイン利用など、会員種別ごとの登録も可能です。

佐藤さん
私自身が無人のコワーキングスペースを利用したことがなかったということもあり、インターネットで色々と情報を探しました。テナントリーシングという点で、都内でよく利用していたコワーキングスペースさんに運営をお願いすることも検討し、相談していた中でむじんLOCKの紹介を受けたんです。

伊藤さん
当初の構想をどれだけ実現できるかという点でいくつかのシステムを比較検討したのですが、むじんLOCKはパッケージの段階で仕様が合っていたことと、カスタマイズにも柔軟に対応してもらえる点がうれしかったですね。

決済方法の問題

むじんLOCKはスペースの利用時間に基づく従量制課金や予約時間に基づく課金、さらに月額制課金といったさまざまな課金方法に対応しています。料金の支払いは、毎月利用時間等に基づきクレジットカード決済で自動決済可能。従量制課金に上限金額を設定したり、複数の課金タイプを組み合わせることも可能です。

佐藤さん
ショッピングモールとしてはさまざまな決済方法に対応しているのですが、無人管理のワークスペースに関してはクレジットカード決済のみとすることで、一定程度の審査ができると考えています。学割プランを設けているので、学生であることの審査をどのように行うのかということが最後まで課題でしたが、学生証の写しや写真をメール送付していただく運用でカバーできています。

利用者様からの問い合わせ対応

ワークスペースの利用者様から「どうやって入会するのか」「利用方法は?」といった問い合わせが多いと、その対応にも人的リソースが発生してしまいます。

S-MALL ワークスペースでは、ホームページ上に利用方法や規約を詳細に記載。そちらを確認いただいた上で利用いただいているため、問い合わせやクレーム等の連絡はほとんどないと言います。

利用者様はむじんLOCKのマイページから予約可能。マイページは直観的に操作できるシンプルなデザインです。予約が完了するとURLキーが発行され、スマートフォンで扉の開錠が可能です。

利用者様の声(自習利用の学生様)
スペースの予約から鍵の開錠までスマホのみで完結できるので、手軽に利用できる点がうれしいです。
大学受験の勉強場所として利用していますが、図書館やフリースペースと違い、机を広々と使えて集中できるので、月額会員として利用しています。

むじんLOCK導入後のご感想

スペースのオープン時からむじんLOCKを導入いただいているS-MALL ワークスペース様。改めて、むじんLOCK導入の背景や運用開始後のご感想を伺いました。

佐藤さん
私自身、コワーキングスペースの利用経験は多かったのですが、コワーキングスペースの「利用者同士の繋がり」というのはあまり得意ではなくて(笑)。それよりは、コンセプトにもあるような「一人で集中」できるワークスペースを想定していて、そういった点でも無人管理が合っていると思いました。
S-MALL自体学生のお客様が多いことや、同じフロアに学習塾があることもあり、学生さんや親御さんの目にも留まりやすいため、学生の自習利用としてまさに「一人で集中」できるスペースとして活用いただけていると思います。

「無人で運営する」という点に重きを置いていたというS-MALL ワークスペース様ですが、むじんLOCKを導入いただいた決め手は何だったのでしょうか?

伊藤さん
パッケージの段階で仕様がある程度合致していたということもありますが、カスタマイズも柔軟に対応してくれるという点が有難かったです。メールでのやり取りはもちろんですが、ウェブミーティングでも仕様の相談やカスタマイズの紹介をしていただき、これならイメージに近い運営が実現できると思いました。

実際の導入に向けて複数回のオンラインミーティングを実施させていただきましたが、サポート体制はいかがでしたでしょうか?

伊藤さん
対応がとても早く、こちらの要望についてもできる限り実現できるようにカスタマイズや運用面の提案をたくさんしてくれました。
オープン後1~2カ月は運用に手間取ってしまうこともあったのですが、丁寧なサポートがあり有難かったです。

今年オープンされたばかりのS-MALL ワークスペース。利用者様からも「集中できる」「使いやすい」とうれしい声も届いています。

佐藤さん
スマートロックとむじんLOCKのシステムを利用することで当初から重要課題としていた「無人運営」という点を実現することができました。

コロナ禍の中オープンしたということもあり、やはり現時点では地域の方々の利用がほとんどです。リモートワークやオンライン会議なども定着しつつありますが、鶴岡は以前から出張でいらっしゃる方が多い地でもあります。同一法人でバスやホテルを運営しているという強みを生かして、ホテルでワ―ケーションプランを用意するなど、手軽に利用できるワークスペースがあるという情報を積極的に発信していければと考えています。

もちろん地域の方々にもたくさん利用していただきたいので、例えばクッキングスタジオでコーヒーの講座やイベントを開催して、S-MALL ワークスペースの利用者さんには自由においしいコーヒーを飲んでいただけるといった企画であったり、S-MALL内のテナント様とのコラボだったり、一人ひとりのライフスタイルに合わせて自由に使っていただける場所に育っていってくれればうれしいなと思います。

株式会社庄交コーポレーション様、この度はむじんLOCKをご導入いただきましてありがとうございました。「S-MALLワークスペース」様の今後のご発展にむじんLOCKが貢献できればうれしく思います。

S-MALLワークスペース
運営:株式会社庄交コーポレーション